放射能 食品

放射能対策で安全な食品を!新基準にも対応した食品宅配サービスはココ

放射能新基準にいち早く対応した食材宅配サービスはココだけ

食品に含まれる放射性セシウムの新基準値が厚生労働省より発表されました。これまでの基準値に比べて5分の1の数値で一般食品の放射能、100ベクレルとなっています。

この数値は国際的にも厳しい基準値です。食品の国際規格を定めるコーデック委員会ではこれが1000ベクレル、EUでも1250ベクレルです。

そしてこのより厳しくなった放射能の新基準値をどこよりもいち早く採用したのが、食品宅配サービス大手のおいしっくすです。



大手スーパー2社について放射能検査体制とその検査基準についても調べてみましたが、そのうち1社は自社内での放射能検査は全く行っていないとの回答でした。
※調査はスーパー2社のホームページを参照。記載無く不明な点は電話をかけて問合せしました。

食品宅配サービス大手
おいしっくす
大手スーパー I社 大手スーパー S社
放射能検査の有無 ○ 自社及び第3者機関による放射能検査 ○ 自社による放射能検査 × 放射能検査は行っていない
放射能検査基準 ◎ 国の放射能新基準 100ベクレル ▼ 従来の基準値 500ベクレル -
検査対象 ◎ 野菜果物全品目
◎ 野菜果物全品目
◎ 乳製品全品目
◎ 精肉全品目
◎ 鮮魚全品目
▼ 一部のオリジナル商品(PB商品、野菜・精肉・魚・お米)のサンプル抜き取り -
検査頻度 ◎ 毎日、出荷前 ▼ 定期的に行っている -


放射能検査が万全で安全なおいしっくすの詳しい検査体制はコチラから


放射能新基準値以下でもご心配な場合は

小さなお子さんや乳幼児のいるお母さん、妊婦のかたのなかには、放射能基準値を超えていないからといって十分には安心できないというかたもみえるかもしれません。

 

ご紹介する”おいしっくす”では、産地を指定して購入することができるので、西日本地域の県内産で指定したり、九州産の食品を指定して購入することができます。そして全アイテムを毎日出荷前に放射能検査をチェックもされています。

 

他の食品宅配サービスでも産地限定パレットといった取扱いのところもあるのですが、野菜の種類は指定できませんし、欲しくない野菜も頂かないといけなかったりします(ーー;)

 

放射能検査体制がしっかりしていて、産地を指定して、欲しい商品のみを自由に購入できるのはおいしっくすだけです。

 

野菜を作っている方の写真が一つ一つ見れるのはビックリされると思いますよ^^

 

いまなら、こだわりの食材がお得なおためしセットが用意されています!980円(送料無料)〜

初めての方限定のおためしセットはこちらから

ホーム RSS購読 サイトマップ